クレジットカード作成前にチェックすべきこと

最近、様々な利点を持つクレジットカードがたくさん登場しています。しかし、クレジットカードの利点やその適応範囲な似ている内容も多々存在しており、どれが最適であるのか、クレジットカード作成時にユーザーを悩ませます。どのクレジットカードが最適であるのかと悩まれている人々のためにカードを選択する前のチェックすべきことをまとめました。

◆本人の支出性向
自分が最も多く支出する業種やアイテム・分野に無利子分割払いのメリットと付加サービスを多く付与するカードを選択することが有利です。コーヒーを頻繁に飲むとか、映画館を頻繁に利用するとか、あるいは交通カードとして使用をするか否かに応じて、いくつかの利点を提供する専用のクレジットカードが存在します。あるいは本人がビジネス的な業務や出張のために飛行機をたくさん乗るなら航空会社のマイレージ特典、および複数の利益を得るのに役立つクレジットカードを選択するのが良いでしょう。

◆本人の月平均支出
カード商品ごとに提供する付加サービスを受けるためには、前月の使用量が一定額以上にする必要があるなど、一定の条件を満たす必要がある場合もあります。 本人の所得とそれに伴う平均支出を勘案せず、本人が希望する種類の付加サービスのメリットのみに焦点を当て複数枚のカードを発行した場合、その分の実績条件を満たすことが困難になり、これらの付加サービスのメリットを受けられない結果をもたらすことになります。

◆快適性か安全性か
カードを複数枚保持する場合の割引など利便性を向上させることができる一方で、適切に管理していない場合、紛失・盗難による危険性が大きくなることがあり、利便性だけでなく、安全性の側面を考慮して、カードを作成する必要があります。また、必要以上に多くのカードを発行されると、計画的な消費支出が 困難になることがあるので注意しなければなりません。

◆年会費負担
年会費はカードに搭載されている付加サービスが多かったり、高価であるほど、年会費の負担も大きくなるので 、年会費の負担や付加サービス利用の可能性を十分に勘案した後、選択する必要があります。

◆クレジットカードの付加サービスの利用条件を確認
一般的に、カード会社は付加サービスのメリットを中心にカード商品を宣伝していますが、カードを選択する前に、 付加サービスの利用条件を把握する必要があります。特にポイントの獲得と、前月の実績を除く対象、統合割引限度などを入念に調べましょう。

上記のように、複数のクレジットカードを混在して使用するのはあまり良い手段ではありません。本人にどのような利点を必要とし何のためにそのクレジットカードを使用するか、そしてその恩恵を受けるために、使用計画を立てるのが良いといえます。