クレジットカードとデビットカードの違いは何ですか?

クレジットカードとデビットカードの違いについて混乱したことはありませんか?その理由は簡単です。デビットカードとクレジットカードは、現金を運ぶ必要性を排除し、多くの同じ場所で利用できるためです。

デビットカードとクレジットカードの基本的な違いは、カードがどこでお金を引くかです。デビットカードはあなたの銀行口座に、 クレジットカードは信用枠に請求します。

◆デビットカードとは
デビットカードはクレジットカードの便利さを提供しますが、請求は異なります。 あなたが購入をするとき、デビットカードはあなたの当座預金口座から直接お金を引きます。 商品購入時の支払いを保留にし、購入元がデビットカード利用者の銀行に取引を送り、そして購入元の口座に移されます。 この処理が行われるまでに数日かかることがあります。また、トランザクションが完了する前に保留が解除されることがあります。

デビットカードにはPINとよばれる暗証番号が設定されており、利用の際には、サインかPINが必要になりますが、クレジットカードを使用した場合と同じように、領収書に署名するだけで、PINなしでデビットカードを使用することもできます。

デビットカードの特徴を簡単にまとめると…
・デビットカードは当座預金口座に直接結び付けられています。
・クレジットカードが使えるところならどこでも使えます。
・ICカードに対応している場合には、PINを使用して取引を完了します。

◆クレジットカードとは
クレジットカードは、クレジット限度額として知られている与信枠に対してお金を借りることを可能にするカードです。 カードを使用した際には、その後請求書に反映されます。

あなたが毎月の残高を繰り越さなければ利子は請求されませんが、繰り越した場合には購入に対する利息を請求されます。クレジットカードは高い金利を持っており、クレジットカードの残高と支払い履歴はあなたのクレジットスコアに影響を与える可能性があります。

◆デビットカードとクレジットカードの違い
車を借りたり、オンラインで商品を購入するなど、クレジットカード決済のみで取引可能なケースもあります。また現金や小切手よりもクレジットカードのほうが安全で簡単だと一般的に考えられています。また、クレジットカードは購入時に追加の保険を提供し、 払い戻しや返品を要求もより簡単であるというケースもあります。

デビットカードは、取引を完了するためにあなたがお金を借りることを必要とせずに同じ利便性を提供しますが、デビットカードはクレジットカードのように消費者保護のを提供するわけではありません。

◆状況に最適なカードを選択する
あなたが支出の問題を抱えているなら、あなたが誤ってクレジットカードの借金に陥ることを防ぐために、可能な限りデビットカードを使うことがより良い選択です。

また、付加価値を目的にクレジットカードの利用を検討している場合には、毎月の請求はすべて滞ることなく支払うことで、その利益を十分に生かすことができます。

◆あなたの信用を保護する
クレジットカードとデビットカードのどちらも、個人情報の盗難に関しては同様のリスクがあります。クレジットカードまたはデビットカードの情報が漏洩した場合は、直ちに銀行に連絡する必要があります。

また、毎月あなたの明細書をチェックして、すべての請求を識別できることを確認することが重要です。そうすれば、不正な請求があった場合でもすぐに返金を要求することができます。しかしながら銀行は詐欺的な請求の報告に期限をもうけてているため、すぐに報告することも忘れないでください。