クレジットカードの延滞のしくみ

2019年5月26日

クレジットカードの延滞について、自身の預金以上の買い物をしてしまうなど、未計画での利用で発生してしまいがちです。期日通りにそして全額支払いをしないことは遅延損害金と金利を支払うことを意味します。さらに信用情報にも悪影響を及ぼします。

◆クレジットカードの延滞とは何ですか?
クレジットカードの所有者は、クレジットカードの支払いに遅れを取ったときに滞納します。カード会社はあなたに信用枠を与え、所有者の利用で発生した毎月少しずつ返済しなければならないローンをあなたに提供しています。必要最低月額支払いを行わないことは、本質的にあなたの貸し手との契約条件を破ることです。残念なことに、これはカード保有者にとっての波及効果を増大させる結果となります。

延滞は、カード所有者が何回支払ったのかを示すレベルに分けられます。これらのレベルはしばしば日数で呼ばれます。たとえば、あなたが最初の支払いを見逃した翌日、あなたは1日延滞しています。 あなたがあなたの2回目の支払いを逃すことで、あなたは30日の滞納した、ということになります。

延滞による信用調査機関への報告は基本的になされると考え、計画的な利用をおすすめします。説によると1、2回の滞納であれば数日の遅延であれば信用情報への記録がされず、頻繁に滞納を発生させている場合にはわずか数日の延滞でも記録されてしまうようです。

◆クレジットカードの延滞のしくみ
●延滞の影響
カード会社への返済を延滞することによって信用情報に記録され、クレジットスコア(信用偏差値)が低下します。延滞を繰り返すことによって、さらにクレジットスコアへの影響がさらに深刻になります。発行されているクレジットカードが利用停止になることはもちろん、他社クレジットカード、ローン、保険などの利用が困難になります。

●返済する意思があることを示す
計画的に利用したつもりであっても、急な出費が避けられないという場合もあるでしょう。もし万が一延滞してしまうことが明らかであった場合には、クレジットカード発行元に連絡しましょう。

●延滞に対する間違い – 最低支払額のみを支払う
多くの人々は延滞発生前の金額が継続して支払うべき金額であると認識しています。しかし、延滞の場合、支払うべき金額は複数の最低支払額で構成されている可能性があるため、最新の返済額を把握しましょう。

●延滞の余波に対処する
請求書が最新のものになったら、延滞の影響を覆して仕事に取り掛かる必要があります。 延滞は消費者の無責任さを示すものであるため、 信用報告書の黒点のようなものです。