クレジットスコア(信用偏差値)を傷つけないために

一部の金融債務は毎月、 信用調査機関に報告されていますが、そうでないものもあります。 クレジットカード、 住宅ローン 、その他のローン、携帯電話の料金は毎月報告されます。毎月、定時支払いは消費者の信用スコアを高めるのを助けます。もし万が一これら代金にについて延滞があった場合、クレジットスコアへの悪影響は深刻です。

◆クレジットスコアの評価
カード会社などの債権者は、 債務者が合意したとおりに債務を支払うことを知りたいと考えています。債権者は、消費者がどれだけのリスクをもたらすのかを評価するために、過去を見据えクレジットレポートとクレジットスコアを活用します。消費者が約束通りに全ての債務を予定通りに支払うというパターンを確立している場合、債権者に多大な経済的損失をもたらす可能性は低いと考え、信用・責任ある利用者と見なされるでしょう。しかしその一方で、支払いの遅れの履歴があった場合、信頼性の低さ、金融の不安定さを意味し、大きな金融リスクがあると見なされます。

◆クレジットレポートで過去の情報も明らかになる
クレジットレポートでは、すべての完済済みと未返済の支払い履歴が明らかになりますが、消費のクレジットスコアに対する支払いの遅れの影響は時間の経過とともに減少します。最近の複数回の遅延支払いは、記憶から消えている単一の遅延支払いよりも消費者のクレジットスコアに大きなダメージを与えます。