所持しているクレジットカードは本当に必要ですか?

生活費の上昇とクレジットカードの利子率の上昇に伴い、クレジットカードを解約することによってあなたの支出を改善し、借金を制限することができるかもしれません。ただし、その前に、解約したクレジットカードに関連するクレジット履歴がどうなるかなど、クレジットカードの解約がクレジットスコアに与える影響を理解することが重要です。多くの場合、コストの削減と借金の削減という目標を達成するためのよりスマートな方法があります。

◆人々がクレジットカードを閉じる理由
これは人々がクレジットカードを閉じるように促す最も一般的な理由のいくつかです。

・過剰な支出
あなたがあまりにも多くのお金を使っていると感じるならば、あなたは支出をコントロールするために、手軽に取引ができるクレジットカードの支出の魅力に抵抗する最も良い方法を考え出すかもしれません。

・非アクティブカード
既に利用していないクレジットカードを所持しており、年会費を支払っている場合は、解約するのが最善でしょう。

・個人情報の盗難からの保護
一部の人々は、クレジットカードの盗難による被害を減らすために解約します。

◆クローズドカードがクレジットスコアに与える影響
クレジットカード解約することが、財務上の問題を解決する唯一の方法、または最善の方法であるとは限りません。これは、解約した時の状況によっては、クレジットスコアに影響を与える可能性があるためです。

・複数枚の解約
利用に何ら問題がない場合でも、一度に複数枚のクレジットカードの解約は避けたほうがよいという話があります。これは例え延滞歴などがなくても、複数枚解約する理由に、金銭的な不安要素を抱えていると思われてしまうといわれています。当然解約は問題なく可能ですが、その後、ローンを組む時や別のカード会社の審査に影響が出る可能性があります。

◆カードを解約する前に検討しましょう
特に未払いの高い残高が残っている時に解約するのは避けましょう。未払いである理由があるかと思いますが、解約を申し出れば、未払い額が一括で請求されます。また、延滞していた場合には継続して延滞金が発生します。未払いがある場合には全て支払ってから解約することが経済的にも安心できる場合もありますので、現在の状況をよく把握してから解約をしましょう。