責任を持ってクレジットカードを使用する方法

クレジットカードは危険です。しかし、あなたが責任を持って使用するのであれば、クレジットカードは強力なツールです。

◆クレジットカードのしくみ
クレジットカードは、あなたに与えられた限度額までいつでも手軽に利用可能にします。

あなたのクレジットカードを決済に利用すると、カード会社はその購入代金を、あなたに貸します。クレジットカードを使用した、固定の終了日と毎月の定期的な支払いがあるローンとは異なり、リボ払い、または一括払いなど毎月の返済額を選択します。いくつかの例外はありますが、常に毎月請求額の全額を支払います。

クレジットカードで購入した後、カード会社から猶予期間が与えられますが、その間は無利子のローンとして使う機会をあなたに与えるので強力です。期限前に請求された金額を全て支払う限り、クレジットカードの購入に利子を支払うことはありません。

しかし万が一、期限内に支払うことができなかった場合には、以降、利子が未払いのクレジットカード残高に累積されます。最悪のケースでは、未払いの金額に対して数百ドルの利子がかかってしまい、あなたのクレジットスコアは急落します。 あなたは車や家のローンを組む時に問題となってしまうことでしょう。場合によってはあなたは破産することさえあるかもしれません。

それでも、クレジットカードを借金とみなすと、特定のメリットを見逃す可能性があります。クレジットカードは、人生を楽にし、あなたの信用格付けを向上させるのに役立つ重要な金融ツールになり得ます。もちろん、時にはその逆も成り立ちます。 私たちは皆、クレジットカードを間違った方法で使うことによって大きな問題に遭遇してしまいます。

◆クレジットカード会社がお金を稼ぐ方法
クレジットカード会社は、カードを使用するたびに少しの収入を得ています。これは、請求を受け取るたびに、購入の手数料を店舗に請求するためです。 しかし、カード会社はあなたが延滞している時に利子を請求することによって最大の手数料を稼いでいます。

◆責任を持ってクレジットカードを使用することの利点
残高は猶予期間内に支払われたという記録は信用情報機関に報告されるので、あなたが支払いを時間通りに全額支払うたびに、あなたは信用を積むことになります。

◆キャッシュバックまたは他の報酬を獲得
多くの人が購入時にキャッシュバックや旅行の報酬を得るためにクレジットカードを持っています。正しく管理されていれば、クレジットカードによる利益はそれなりに大きいものになるでしょう。

◆分割による支払いで損をする
クレジットカードを使用すると、例え大きな買い物であってもリボ払いすることでいずれ完済することができます。しかし、リボ払いには手数料が発生し、最終的な支払代金は大きくなってしまいます。

クレジットカードを所持する理由には利便性と付帯サービスの価値による場合が多いかと思いますが、その便利さだけで使い続けると付帯サービスの価値よりも損をすることが多くなってしまいます。

◆詐欺や購入保護を受ける
クレジットカードの利点の1つは詐欺防止です。クレジットカードを利用することで、カード会社がその代金を立て替えているため、例えクレジットカードがハッキングされた場合であっても、お金があなたの銀行口座や財布から出てきていないので、カード会社へ正しい手続きをすることで、あなた自身その損失を追うことはありません。

クレジットカードは場合によっては危険なものになる可能性があります。しかし、あなたが責任を持って使用することができれば、大変便利なツールとなるでしょう。