クレジットカードとデビットカード どちらが有利か

デビットカードまたはクレジットカードは、私たちが日常生活の取引で簡単に手間のかからないよう完結できるよう設計されており、私たちの生活の中で重要かつ不可欠となりつつ部分となっています。
クレジットカードやデビットカードを利用し買い物することがなぜ有利なのか、また、その違いについて曖昧な部分もあるのではないでしょうか。この疑問を解決するために、この記事を準備しました。

◆デビットカードとは
デビットカードはあなたの預金口座に直接リンクされており、預金額がデビットカードの最大利用可能額となります。

◆デビットカードの利点

・手数料
デビットカードを使用しての全ての取引において年会費を支払う必要がありません。デビットカードは常に無料で利用できます。

・管理された支出
デビットカードに関連付けられた預金口座に資金がない場合、デビットカードでの支払はできません。これは無計画な衝動買いなどの支出を制限することができ、計画的な利用を手助けします。

・追加のフォローアップ
デビットカードは預金口座から即時、支払いをすることができるようになるので、毎月の明細書に従い支払う必要はありません。

◆デビットカードのデメリット
預金口座の範囲のみの利用可能額となるため、預金額以上の買い物はできません。

◆クレジットカードとは
クレジットカードは、一部の銀行やクレジットカード会社から発行されるもので、ショッピングの際にはPOSデバイスを使用しての支払いやATMから現金を借りることができるカードの一種です。利用した金額は一旦カード会社から借りていることとなり、カード会社が定めた支払日に沿って清算していきます。

◆クレジットカードの利点
ポイントとキャンペーンの獲得
クレジットカードでの支払いでフライトマイルまたはショッピングポイントを獲得することができ、貯めたポイントは航空サービスやカード会社が提供する賞品などへの交換が可能です。さらに、銀行は時折、特別割引や追加ポイントをクレジットカードの顧客に提供するキャンペーンを企画しています。これらのキャンペーンを使うことによって、もっと便利な付加価値を得ることができます。

クレジットスコアを向上させる
クレジットスコアを向上させる最善の方法の1つは、カード会社との契約通りに支払いできるよう計画的にクレジットカードを使用することです。

分割払いの利点
現金と異なり、クレジットカードでは分割での支払いが可能です。特に大量に購入する場合は、分割払いの利点を活用してその時点での予算を軽減できます。

セキュリティ
クレジットカードの利点の1つは、現金を持つ必要がないため、万が一財布を盗まれた場合でもお金を盗まれる危険がないということです。この意味で、クレジットカードは安全かつ実用的です。

◆クレジットカードのデメリット
予算を超過する
クレジットカードは、持ち合わせの現金以上の金額の買い物を可能にし、限度額の範囲内であればあらゆる商品を購入することができます。無計画な利用はカード会社の請求に対応できず、延滞を発生させ、高い利息を請求されることになります。

年会費および手数料
一部のクレジットカードは年会費が発生しませんが、より高い付加価値を提供しているクレジットカードは年会費が発生します。また、一般的に分割支払いやキャッシングの利用は手数料が発生します。

クレジットスコアスコアの問題
カード会社の請求に対応できず延滞が発生した場合、契約者の信用情報にその旨が記録されます。その記録がある限り、新たなローンを組む際などへ悪影響がでます。