クレジットカードを複数枚所持するということ


【クレジットカードを複数枚所持するということ】

クレジットカードは私たちの生活を楽にする道具の1つですが、利用方法を間違えると、時に多くの問題を招く可能性があります。クレジットカードを使った場合、定期的に利用残高を支払うことが最も大切なポイントであり、所持しているカードの枚数に関わらず、自身の所得に応じてふさわしい限度で利用するようにしましょう。

◆複数枚のクレジットカードを所持することのメリット
クレジットカードには、食品関連やファッション関連、旅行や燃料など、様々な業種に対応した特典が用意されています。状況に応じて使い分けることで、その特典を無駄なく受け取ることができます。

例えば、メインのカードには頻繁に利用する支出に対した特典が得られるクレジットカードを用意するのがオススメです。また、サブのクレジットカードは頻繁には利用しないご旅行などたまに利用するサービスで特典が得られやすいカードを用意するのがオススメです。

◆複数のクレジットカードを使用することでのリスク
カードを複数枚所持していることでのリスクは、支出の管理が分散するという点です。複数枚所持している場合、ほとんどがメインとサブという位置付けで利用していると思います。特に、サブのカードで分割払いを利用した場合、残りの利用残高を忘れてしまい、きがついた時には自身の支払能力を越えてしまっていたということも有り得ます。

クレジットカードを複数枚所持するということは、時にリスクを負いますが、管理さえしっかりしていれば何ら問題はありません。状況に応じて適したカードを使い分けることで、より多くの恩恵を受けることができるため、クレジットカードを複数枚所有することをおすすめします。

他の記事を読む