クレジットカードを作成する場合に知っておくべきこと

日本では海外と異なりまだまだクレジットカードの利用が浸透していません。現金を持たず手軽に使えることから、使いすぎを懸念する声も耳にしますが、実際に現金よりも利点が多く利用者に利益をもたらします。ここでは、クレジットカードを初めて作成するときに、知っておくべきことをあげてみました。

◆デビットカードを持っているが、クレジットカードは作るべき?
デビットカードは登録してある口座から即時引き落としされるため、限度額は口座の残高に依存します。使いすぎの心配がないため、安心なカードです。デビットカード利用者がクレジットカードの作成をする必要があるのかと言われれば、あなたの消費スタイルや経済的な状況に応じて必要となることも、必要としない場合があります。しかしながら、利点、分割払い、信用格付けのためには、クレジットカードを作りたくなることでしょう。

●メリット
利用方法はデビットカードもクレジットカードも同じですが、デビットカードの場合だと利用不可であるケースもあります。特典に至ってもクレジットカードのほうがギフト券やクーポン、デビットカードよりも手厚いポイントを提供しています。

●分割払い
手数料が発生するというデメリットがありますが、利用の仕方によっては非常に有用です。 クレジットカード加盟店に依存しますが、3ヶ月や12ヶ月分割払いのメリットをサポートしていますが、給与前や集めた貯金より大きな支出となる場合には本当に便利です。

●信用格付け
ローンを組む状況になれば気になる点があります。それは「融資を受けられるか」、「可能ならどのような金利条件で受けることができるか」です。 この二つを判断するには様々な情報が必要ですが、その中で最も重要な情報の一つは、まさに信用格付けです。 信用格付けは、文字通り私はどのよう信用がある人なのかを評価する指標として格付け会社で策定するもので、クレジットカードの利用においても遅延がないか等の情報などは好評価となることがあるそうです。

◆ポイント、割引、マイレージなどの付加価値はどれがお得か。
クレジットカードにはポイントや割引、マイレージなどの付加価値があり、利用する度に利益を得ることができます。 クレジットカードによって受けられるサービスが異なるため、、自分に合ったカードを選択しましょう。

●ポイント型
ポイント型はクレジットカードを使用すると、ポイントを得て、そのポイントを現金のように使用することができるクレジットカードです。 加盟店の制約も少なく、一般的に割引型より利益率もよいです。ただし、ポイントはカードに付随するものであり、クレジットカードを解約するとポイントも失効してしまいます。また、カードの種類によっては有効期限を設けているものもあります。

●割引型
割引型の場合は、クレジットカードの利用時にするに適応することができるメリットがあります。対象となる提供元が限定されることが多くいため、様々な場面での利用を検討している方はポイント型のほうがより利益率が良い可能性があります。

●マイレージ型
マイレージは、使用量に応じての航空マイレージの提供を受けることができ、ポイントの代わりにマイルを受け取ることができます。 マイルは使用方法に応じて、最も高い利益率を誇ります。また、航空券無料特典や空港ラウンジの特典など、さまざまな利点を提供しているカードも存在しています。

今得をしたい人は割引型、そうでなければ積立型、空港を多く利用する人はマイレージカードがおすすめです。